mzgkworks.com

Stack the little bets.

RDSをスナップショットから復元する方法

   [Usage]    #AWS

以前に取得されたスナップショットからRDSを復元して、現在のRDSと付け替える方法。

ポイントは以下。

  • DBインスンタンス識別子の値は、EC2と接続するためのエンドポイントのprefixを兼ねている
  • 同じ識別子で復元できない
  • 別の識別子で復元 -> 既存の識別子を変更 -> 復元分の識別子を元々の識別子に変更
  • これでエンドポイントの値は変更されないので、Webサーバー側との接続に影響を与えない
  • 復元したインスタンスのセキュリティグループを既存と同様にセットし直す

スナップショットからインスタンスを復元

  • RDSダッシュボード - スナップショット - 復元したいスナップショットを選択
  • スナップショットのアクション - スナップショットの復元
  • DBインスタンスの復元画面が表示されるので、情報を入力
    • デフォルトになっている部分を抜粋
    • マルチAZ配置 : 選択
    • DBインスタンス識別子 : 復元して置き換えたい既存インスタンスの値とは別の値
    • アベイラビリティゾーン : 選択
  • DBインスタンスの復元 - 復元される(作業状況はインスタンスで確認)

既存のインスタンス

  • 復元したインスタンスで置き換えたいインスタンス
  • DBインスタンス識別子を変更して、エンドポイントを復元インスタンスにゆずる
  • 変更作業
    • インスタンスの操作 - 変更
    • DBインスタンス識別子 : 変更
    • すぐに適用 : チェック
    • 次へ - DBインスタンスの変更
  • 変更中 -> 名前変更中 -> 再起動 -> 利用可能
  • この時点でWebサーバーからDBが参照されなくなる

復元インスタンス

  • 復元したインスタンスのDB識別子を既存の値に変更する(エンドポイント値の復元)
  • セキュリティグループを既存同様に付け直す
  • 変更作業
    • インスタンスの操作 - 変更
    • DBインスタンス識別子 : 変更
    • セキュリティグループ : 既存と同様のSGをセット
    • すぐに適用 : チェック
    • 次へ - DBインスタンスの変更
  • 変更中 -> 名前変更中 -> 再起動 -> 利用可能
  • これで復元されたDBで置き換えられる

RDS削除時の注意(スナップショット)

  • RDSを削除する際に、過去にとった自動スナップショットは削除されてしまう
  • 復元したい場合、削除時に聞かれる「最終スナップショット」は作成しておくこと



以上