mzgkworks.com

Stack the little bets.

AWS EBSスナップショットからのEC2リストア

   [Usage]    #AWS

EC2の状態をある時点に巻き戻したい(ある時点のEC2を再現したい)時に、EBSのスナップショットからリストアする方法。
復元したい時点のスナップショットがあれば、それ以前に採取したスナップショットがなくても可能。

試したこと

基本、スナップショットがあれば、その時点の状態でEC2が作成(復元)できることを確認できた。
こんな感じ。

  1. スナップショット1:a.txt
  2. スナップショット2:a.txt, b.txt
  3. 現在のインスタンス:a.txt, b.txt, c.txt
  4. スナップショット1を削除
  5. スナップショット2で復元
  6. 現在のインスタンス:a.txt, b.txt

EBSのスナップショットを作成する

  1. ボリューム:対象EBSを選択 -> スナップショットの作成

A. ある時点のスナップショットで復元する:ルートボリューム付け替え

現在のEC2インスタンスをそのまま使用し、デバイス(EBS:ルートボリューム)の付け替えを行う方法。

  1. スナップショット:対象のスナップショットを選択 -> ボリュームの作成
  2. インスタンス:EBSを付替えるEC2を選択 -> 停止
    • ルートデバイスの値を控えておく(/dev/xvda)
  3. ボリューム:EC2にアタッチされているEBSを選択 -> デタッチ
  4. ボリューム:1で作成したボリューム(EBS)を選択 -> アタッチ
    • デバイス:2で控えたルートデバイスの値を入力(/dev/xvda)
  5. インスタンス:対象のEC2を選択 -> 起動

B. ある時点のスナップショットで復元する:新規EC2インスタンス作成

元のEC2インスタンスを残したまま、スナップショットからAMIを作成し、新規にEC2インスタンスを作成する方法。

  1. スナップショット:対象のスナップショットを選択 -> イメージの作成
  2. AMI:1で作成したAMIを選択 -> 作成

参考