mzgkworks.com

Stack the little bets.

Linuxのパッケージ管理システム(YUM)

   [Usage]    #Linux

パッケージ

  • Linuxでは「パッケージ」という単位でソフトウェアを管理している
  • 実行プログラム・設定ファイル・ドキュメントなどが格納されている
  • 形式はディストリビューションによって複数存在するが、互換性はない
    • RPM : Red Hat系(RHEL、CentOS、Fedora、openSUSEなど)
    • deb : Debian系(Debian GNU/Linux、Ubuntuなど)
  • パッケージ間で依存関係がある
  • 手動で依存関係を管理するのは大変なので、通常は「パッケージ管理システム」を使う
    • RPM系 : YUM
    • deb系 : APT

YUM

CentOSのRPMパッケージを管理するパッケージ管理システム。
主な機能としては

  • 面倒な依存関係等を制御
  • パッケージをインターネット上で検索
  • 必要なパッケージをインターネット上から自動でダウンロード

yumコマンド

$ sudo yum サブコマンド パッケージ名

サブコマンド 説明
update システム全体をアップデートする
install パッケージ名 指定したパッケージをインストールする
remove パッケージ名 指定したパッケージをアンインストールする
update パッケージ名 指定パッケージをアップデートする
list パッケージを一覧表示する(未インストールも含む)
info パッケージ名 指定したパッケージの情報を表示する
search “キーワード” 指定したキーワードでパッケージを検索する

システムの自動アップデート

yumコマンドを使ったアップデートを自動で行う設定。
「yum-cron」というパッケージを使用する。

インストール

$ sudo yum install yum-cron
[sudo] password for centuser:
...
...

設定

/etc/yum/yun-cron.conf ファイルの編集を行う。

  • 自動更新する内容
    • 全部・セキュリティーのみなど
  • 自動更新するか
    • する・しない
[commands]
#  What kind of update to use:
# default                            = yum upgrade
# security                           = yum --security upgrade
# security-severity:Critical         = yum --sec-severity=Critical upgrade
# minimal                            = yum --bugfix update-minimal
# minimal-security                   = yum --security update-minimal
# minimal-security-severity:Critical =  --sec-severity=Critical update-minimal
update_cmd = default  # ← 範囲を指定(default 〜 minimal-security-severity:Critical)

...
...

# Whether updates should be applied when they are available.  Note
# that download_updates must also be yes for the update to be applied.
apply_updates = no    # ← yes / no : するしない

実行と次回自動起動

yum-cronサービスの起動と、次回からのシステム起動時に自動起動するように設定する。

# yum-cron.serviceの起動
$ sudo systemctl start yum-cron.service

# システム起動時の自動起動設定
$ sudo systemctl enable yum-cron.service